熊本県内、連日の記録的な猛暑玉名市、全国2位の36.4度

お知らせコンテンツ日記

熊本という地名は、古くは隈本と書いた。隈本の由来には諸説あるが、菊池則隆に因むとする伝承がある。「隈本」の名が文献に見られるのは南北朝時代以降で、これを加藤清正が「隈」の字が畏(おそれる、かしこまる)の字を含むため武将の居城の名に相応しくないとして「熊」の字を充てたと言われている。なお「来熊(らいゆう)」「訪熊(ほうゆう)」「帰熊(きゆう)」と1文字で略するときは「熊(「ゆう」と音読み)」を使用する。

九州本島の中央部に位置し、福岡、大分、宮崎、鹿児島の各県と境を接する。海上で有明海を隔て長崎県とも接する。東部の阿蘇地方に日本第2位(阿蘇カルデラを、最大級と表現するのはこの為)の阿蘇カルデラを持つ阿蘇山や九州山地の山々が聳え、西部は熊本平野が有明海に、八代平野および芦北地方のリアス式海岸が不知火海に面する。その間に宇土半島が突き出し天草諸島に続いている。中心都市である熊本市は、市域の70万人超の人口を支える水道水が全て地下水でまかなわれている世界でも稀有な都市である。

気候

熊本市の年平均気温は 17.2℃である。有明海に面しているが、熊本平野は金峰山と阿蘇山との間で盆地を形成するため、内陸型気候に近い。夏場に5月から10月にかけての長い期間で真夏日を記録することが特徴であり、那覇市を除く県庁所在地では最も日数が多い。2005年には年間106日の真夏日を記録している。最高気温が35℃に達する猛暑日になることも少なくなく、最高気温で度々騒がれる本州の内陸都市と比して相対湿度が高いため、不快指数はより高くなる。夕刻には『肥後の夕凪』と呼ばれる無風状態となるために非常に蒸し暑い。梅雨期の6月・7月には年平均降水量約2,000mmのうち約40%が集中し、県庁所在地では鹿児島市、宮崎市に次いで梅雨期の降水量が多い。冬は降雪や積雪は少ないが、朝方の冷え込みが厳しく、1月は平均10.5日が最低気温0℃以下の冬日となる。これは九州地方では最も多く、中国四国地方を加えても岡山市に次ぐ日数である。

見出しA詳細A詳細A-01
見出しB詳細B詳細B-01
見出しA詳細A
見出しB詳細B

肥薩おれんじ鉄道も芦北町内の佐敷トンネル

山地型気候で、九州の寒冷地である。冬場は阿蘇山周辺の山間部ではしばしば積雪があり、麓の平地(阿蘇市等)でも、寒波が流れ込んだ際には積雪する。真冬の最低気温は氷点下まで下がる日がほとんどであり(1月と2月のうち45.6日)、1月の平均最低気温は-2.7℃である。寒気が流れ込むと、阿蘇山上では稀に−15℃程度まで気温が下がる。 夏場は九州地方においては冷涼であり、阿蘇山上では、気温が30℃に達する事はない。降水量は多く年間を通して2,800mm程度と多雨である。

16日の代表質問予定

熊本市の年平均気温は 17.2℃である。有明海に面しているが、熊本平野は金峰山と阿蘇山との間で盆地を形成するため、内陸型気候に近い。夏場に5月から10月にかけての長い期間で真夏日を記録することが特徴であり、那覇市を除く県庁所在地では最も日数が多い。2005年には年間106日の真夏日を記録している。最高気温が35℃に達する猛暑日になることも少なくなく、最高気温で度々騒がれる本州の内陸都市と比して相対湿度が高いため、不快指数はより高くなる。夕刻には『肥後の夕凪』と呼ばれる無風状態となるために非常に蒸し暑い。梅雨期の6月・7月には年平均降水量約2,000mmのうち約40%が集中し、県庁所在地では鹿児島市、宮崎市に次いで梅雨期の降水量が多い。冬は降雪や積雪は少ないが、朝方の冷え込みが厳しく、1月は平均10.5日が最低気温0℃以下の冬日となる。これは九州地方では最も多く、中国四国地方を加えても岡山市に次ぐ日数である。

  • オフにすることで解決する可能性があります
  • オフにすることで解決する可能性がありますオフにすることで解決する可能性がありますオフにすることで解決する可能性がありますオフにすることで解決する可能性がありますオフにすることで解決する可能性があります
  • オフにすることで解決する可能性があります
  • オフにすることで解決する可能性があります
  • オフにすることで解決する可能性があります
  1. オフにすることで解決する可能性があります
  2. オフにすることで解決する可能性がありますオフにすることで解決する可能性がありますオフにすることで解決する可能性がありますオフにすることで解決する可能性がありますオフにすることで解決する可能性があります
  3. オフにすることで解決する可能性があります
  4. オフにすることで解決する可能性があります
  5. オフにすることで解決する可能性があります

山地型気候で、九州の寒冷地である。冬場は阿蘇山周辺の山間部ではしばしば積雪があり、麓の平地(阿蘇市等)でも、寒波が流れ込んだ際には積雪する。真冬の最低気温は氷点下まで下がる日がほとんどであり(1月と2月のうち45.6日)、1月の平均最低気温は-2.7℃である。寒気が流れ込むと、阿蘇山上では稀に−15℃程度まで気温が下がる。 夏場は九州地方においては冷涼であり、阿蘇山上では、気温が30℃に達する事はない。降水量は多く年間を通して2,800mm程度と多雨である。

キャプションテキスト

熊本市の年平均気温は 17.2℃である。有明海に面しているが、熊本平野は金峰山と阿蘇山との間で盆地を形成するため、内陸型気候に近い。夏場に5月から10月にかけての長い期間で真夏日を記録することが特徴であり、那覇市を除く県庁所在地では最も日数が多い。2005年には年間106日の真夏日を記録している。最高気温が35℃に達する猛暑日になることも少なくなく、最高気温で度々騒がれる本州の内陸都市と比して相対湿度が高いため、不快指数はより高くなる。夕刻には『肥後の夕凪』と呼ばれる無風状態となるために非常に蒸し暑い。梅雨期の6月・7月には年平均降水量約2,000mmのうち約40%が集中し、県庁所在地では鹿児島市、宮崎市に次いで梅雨期の降水量が多い。冬は降雪や積雪は少ないが、朝方の冷え込みが厳しく、1月は平均10.5日が最低気温0℃以下の冬日となる。これは九州地方では最も多く、中国四国地方を加えても岡山市に次ぐ日数である。

山地型気候で、九州の寒冷地である。冬場は阿蘇山周辺の山間部ではしばしば積雪があり、麓の平地(阿蘇市等)でも、寒波が流れ込んだ際には積雪する。真冬の最低気温は氷点下まで下がる日がほとんどであり(1月と2月のうち45.6日)、1月の平均最低気温は-2.7℃である。寒気が流れ込むと、阿蘇山上では稀に−15℃程度まで気温が下がる。 夏場は九州地方においては冷涼であり、阿蘇山上では、気温が30℃に達する事はない。降水量は多く年間を通して2,800mm程度と多雨である。

  • オフにすることで解決する可能性があります
  • オフにすることで解決する可能性があります
  • オフにすることで解決する可能性があります
  • オフにすることで解決する可能性があります
  • オフにすることで解決する可能性があります

熊本市の年平均気温は 17.2℃である。有明海に面しているが、熊本平野は金峰山と阿蘇山との間で盆地を形成するため、内陸型気候に近い。夏場に5月から10月にかけての長い期間で真夏日を記録することが特徴であり、那覇市を除く県庁所在地では最も日数が多い。2005年には年間106日の真夏日を記録している。最高気温が35℃に達する猛暑日になることも少なくなく、最高気温で度々騒がれる本州の内陸都市と比して相対湿度が高いため、不快指数はより高くなる。夕刻には『肥後の夕凪』と呼ばれる無風状態となるために非常に蒸し暑い。梅雨期の6月・7月には年平均降水量約2,000mmのうち約40%が集中し、県庁所在地では鹿児島市、宮崎市に次いで梅雨期の降水量が多い。冬は降雪や積雪は少ないが、朝方の冷え込みが厳しく、1月は平均10.5日が最低気温0℃以下の冬日となる。これは九州地方では最も多く、中国四国地方を加えても岡山市に次ぐ日数である。

  1. オフにすることで解決する可能性があります
  2. オフにすることで解決する可能性があります
  3. オフにすることで解決する可能性があります
  4. オフにすることで解決する可能性があります
  5. オフにすることで解決する可能性があります

山地型気候で、九州の寒冷地である。冬場は阿蘇山周辺の山間部ではしばしば積雪があり、麓の平地(阿蘇市等)でも、寒波が流れ込んだ際には積雪する。真冬の最低気温は氷点下まで下がる日がほとんどであり(1月と2月のうち45.6日)、1月の平均最低気温は-2.7℃である。寒気が流れ込むと、阿蘇山上では稀に−15℃程度まで気温が下がる。 夏場は九州地方においては冷涼であり、阿蘇山上では、気温が30℃に達する事はない。降水量は多く年間を通して2,800mm程度と多雨である。

山地型気候で、九州の寒冷地である。冬場は阿蘇山周辺の山間部ではしばしば積雪があり、麓の平地(阿蘇市等)でも、寒波が流れ込んだ際には積雪する。真冬の最低気温は氷点下まで下がる日がほとんどであり(1月と2月のうち45.6日)、1月の平均最低気温は-2.7℃である。寒気が流れ込むと、阿蘇山上では稀に−15℃程度まで気温が下がる。 夏場は九州地方においては冷涼であり、阿蘇山上では、気温が30℃に達する事はない。降水量は多く年間を通して2,800mm程度と多雨である。

県内初の7店を含む26店のテナントが新たに加わり

熊本市の年平均気温は 17.2℃である。有明海に面しているが、熊本平野は金峰山と阿蘇山との間で盆地を形成するため、内陸型気候に近い。夏場に5月から10月にかけての長い期間で真夏日を記録することが特徴であり、那覇市を除く県庁所在地では最も日数が多い。2005年には年間106日の真夏日を記録している。最高気温が35℃に達する猛暑日になることも少なくなく、最高気温で度々騒がれる本州の内陸都市と比して相対湿度が高いため、不快指数はより高くなる。夕刻には『肥後の夕凪』と呼ばれる無風状態となるために非常に蒸し暑い。梅雨期の6月・7月には年平均降水量約2,000mmのうち約40%が集中し、県庁所在地では鹿児島市、宮崎市に次いで梅雨期の降水量が多い。冬は降雪や積雪は少ないが、朝方の冷え込みが厳しく、1月は平均10.5日が最低気温0℃以下の冬日となる。これは九州地方では最も多く、中国四国地方を加えても岡山市に次ぐ日数である。

菊陽町と協定 設備新設、半導体研磨剤

九州本島の中央部に位置し、福岡、大分、宮崎、鹿児島の各県と境を接する。海上で有明海を隔て長崎県とも接する。東部の阿蘇地方に日本第2位(阿蘇カルデラを、最大級と表現するのはこの為)の阿蘇カルデラを持つ阿蘇山や九州山地の山々が聳え、西部は熊本平野が有明海に、八代平野および芦北地方のリアス式海岸が不知火海に面する。その間に宇土半島が突き出し天草諸島に続いている。中心都市である熊本市は、市域の70万人超の人口を支える水道水が全て地下水でまかなわれている世界でも稀有な都市である。

「馬追い」本番待ち遠しい 熊本市の藤崎八旛宮で飾り卸し

山地型気候で、九州の寒冷地である。冬場は阿蘇山周辺の山間部ではしばしば積雪があり、麓の平地(阿蘇市等)でも、寒波が流れ込んだ際には積雪する。真冬の最低気温は氷点下まで下がる日がほとんどであり(1月と2月のうち45.6日)、1月の平均最低気温は-2.7℃である。寒気が流れ込むと、阿蘇山上では稀に−15℃程度まで気温が下がる。 夏場は九州地方においては冷涼であり、阿蘇山上では、気温が30℃に達する事はない。降水量は多く年間を通して2,800mm程度と多雨である。

h4テキスト

熊本市の年平均気温は 17.2℃である。有明海に面しているが、熊本平野は金峰山と阿蘇山との間で盆地を形成するため、内陸型気候に近い。夏場に5月から10月にかけての長い期間で真夏日を記録することが特徴であり、那覇市を除く県庁所在地では最も日数が多い。2005年には年間106日の真夏日を記録している。最高気温が35℃に達する猛暑日になることも少なくなく、最高気温で度々騒がれる本州の内陸都市と比して相対湿度が高いため、不快指数はより高くなる。夕刻には『肥後の夕凪』と呼ばれる無風状態となるために非常に蒸し暑い。梅雨期の6月・7月には年平均降水量約2,000mmのうち約40%が集中し、県庁所在地では鹿児島市、宮崎市に次いで梅雨期の降水量が多い。冬は降雪や積雪は少ないが、朝方の冷え込みが厳しく、1月は平均10.5日が最低気温0℃以下の冬日となる。これは九州地方では最も多く、中国四国地方を加えても岡山市に次ぐ日数である。

h4テキスト

山地型気候で、九州の寒冷地である。冬場は阿蘇山周辺の山間部ではしばしば積雪があり、麓の平地(阿蘇市等)でも、寒波が流れ込んだ際には積雪する。真冬の最低気温は氷点下まで下がる日がほとんどであり(1月と2月のうち45.6日)、1月の平均最低気温は-2.7℃である。寒気が流れ込むと、阿蘇山上では稀に−15℃程度まで気温が下がる。 夏場は九州地方においては冷涼であり、阿蘇山上では、気温が30℃に達する事はない。降水量は多く年間を通して2,800mm程度と多雨である。

h4テキスト

九州本島の中央部に位置し、福岡、大分、宮崎、鹿児島の各県と境を接する。海上で有明海を隔て長崎県とも接する。東部の阿蘇地方に日本第2位(阿蘇カルデラを、最大級と表現するのはこの為)の阿蘇カルデラを持つ阿蘇山や九州山地の山々が聳え、西部は熊本平野が有明海に、八代平野および芦北地方のリアス式海岸が不知火海に面する。その間に宇土半島が突き出し天草諸島に続いている。中心都市である熊本市は、市域の70万人超の人口を支える水道水が全て地下水でまかなわれている世界でも稀有な都市である。

h4テキスト

熊本市の年平均気温は 17.2℃である。有明海に面しているが、熊本平野は金峰山と阿蘇山との間で盆地を形成するため、内陸型気候に近い。夏場に5月から10月にかけての長い期間で真夏日を記録することが特徴であり、那覇市を除く県庁所在地では最も日数が多い。2005年には年間106日の真夏日を記録している。最高気温が35℃に達する猛暑日になることも少なくなく、最高気温で度々騒がれる本州の内陸都市と比して相対湿度が高いため、不快指数はより高くなる。夕刻には『肥後の夕凪』と呼ばれる無風状態となるために非常に蒸し暑い。梅雨期の6月・7月には年平均降水量約2,000mmのうち約40%が集中し、県庁所在地では鹿児島市、宮崎市に次いで梅雨期の降水量が多い。冬は降雪や積雪は少ないが、朝方の冷え込みが厳しく、1月は平均10.5日が最低気温0℃以下の冬日となる。これは九州地方では最も多く、中国四国地方を加えても岡山市に次ぐ日数である。

予約投稿を活用するメリット

九州本島の中央部に位置し、福岡、大分、宮崎、鹿児島の各県と境を接する。海上で有明海を隔て長崎県とも接する。東部の阿蘇地方に日本第2位(阿蘇カルデラを、最大級と表現するのはこの為)の阿蘇カルデラを持つ阿蘇山や九州山地の山々が聳え、西部は熊本平野が有明海に、八代平野および芦北地方のリアス式海岸が不知火海に面する。その間に宇土半島が突き出し天草諸島に続いている。中心都市である熊本市は、市域の70万人超の人口を支える水道水が全て地下水でまかなわれている世界でも稀有な都市である。

早ければ2023年度中に新たな計画

山地型気候で、九州の寒冷地である。冬場は阿蘇山周辺の山間部ではしばしば積雪があり、麓の平地(阿蘇市等)でも、寒波が流れ込んだ際には積雪する。真冬の最低気温は氷点下まで下がる日がほとんどであり(1月と2月のうち45.6日)、1月の平均最低気温は-2.7℃である。寒気が流れ込むと、阿蘇山上では稀に−15℃程度まで気温が下がる。 夏場は九州地方においては冷涼であり、阿蘇山上では、気温が30℃に達する事はない。降水量は多く年間を通して2,800mm程度と多雨である。

熊本県内の交通影響6日の欠航や運転見合わせなど

山地型気候で、九州の寒冷地である。冬場は阿蘇山周辺の山間部ではしばしば積雪があり、麓の平地(阿蘇市等)でも、寒波が流れ込んだ際には積雪する。真冬の最低気温は氷点下まで下がる日がほとんどであり(1月と2月のうち45.6日)、1月の平均最低気温は-2.7℃である。寒気が流れ込むと、阿蘇山上では稀に−15℃程度まで気温が下がる。 夏場は九州地方においては冷涼であり、阿蘇山上では、気温が30℃に達する事はない。降水量は多く年間を通して2,800mm程度と多雨である。

博多駅と熊本駅までの間は始発から

九州本島の中央部に位置し、福岡、大分、宮崎、鹿児島の各県と境を接する。海上で有明海を隔て長崎県とも接する。東部の阿蘇地方に日本第2位(阿蘇カルデラを、最大級と表現するのはこの為)の阿蘇カルデラを持つ阿蘇山や九州山地の山々が聳え、西部は熊本平野が有明海に、八代平野および芦北地方のリアス式海岸が不知火海に面する。その間に宇土半島が突き出し天草諸島に続いている。中心都市である熊本市は、市域の70万人超の人口を支える水道水が全て地下水でまかなわれている世界でも稀有な都市である。

南阿蘇鉄道は6日朝の天候状況

熊本市の年平均気温は 17.2℃である。有明海に面しているが、熊本平野は金峰山と阿蘇山との間で盆地を形成するため、内陸型気候に近い。夏場に5月から10月にかけての長い期間で真夏日を記録することが特徴であり、那覇市を除く県庁所在地では最も日数が多い。2005年には年間106日の真夏日を記録している。最高気温が35℃に達する猛暑日になることも少なくなく、最高気温で度々騒がれる本州の内陸都市と比して相対湿度が高いため、不快指数はより高くなる。夕刻には『肥後の夕凪』と呼ばれる無風状態となるために非常に蒸し暑い。梅雨期の6月・7月には年平均降水量約2,000mmのうち約40%が集中し、県庁所在地では鹿児島市、宮崎市に次いで梅雨期の降水量が多い。冬は降雪や積雪は少ないが、朝方の冷え込みが厳しく、1月は平均10.5日が最低気温0℃以下の冬日となる。これは九州地方では最も多く、中国四国地方を加えても岡山市に次ぐ日数である。